防犯カメラ・インターホン

防犯カメラ

防犯カメラの設置は鍵のポリスマンへ

防犯カメラを設置することにより、犯罪から不正の監視、犯罪の抑止効果などさまざまな効果が得られます。
一般家庭からマンション・店舗など様々な場所に合わせて的確な施工を行います。

  • 鍵と防犯のプロが提案する「防犯カメラ」

    価格・機能・性能など、数えきれない防犯カメラ製品が流通していますが、どんな高機能・高性能な防犯カメラであっても、適切な設置場所や使用方法が伴わなければ、十分な効果を発揮することができません。
    防犯カメラは、製品の機能・性能以前に、「抑止効果」・「証拠能力」という性質を備えた優れた防犯設備です。
    当店は、経験に裏付けされた確かな知識と技術で、お客様に最適な防犯カメラシステムをご提案いたします。

  • 防犯カメラの特性と総合防犯

    防犯カメラは、「抑止効果」や「証拠能力」という性質を備えてはいますが、それそのものには侵入者を排除したり、犯罪や迷惑行為自体を完全に防ぐ機能はありません。
    そのため、錠前などの防犯設備による対防犯の強化や複合的な防犯対策が必要になる場合があります。
    設置環境や、ご利用になるお客様のビジネスやライフスタイルに合わせたご提案をさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

インターホン

インターホンの設置・リニューアルは鍵のポリスマンへ

戸建住宅・集合住宅のインターホン設備のリニューアル工事を行います。
セキュリティ性と利便性の両方の向上を目指した、リニューアル案をご提案します。

  • インターホン設備のリニューアル工事

    24時間365日、休みなく働くインターホン設備。
    インターホンにも家電製品と同じように寿命があり、定期的な点検・交換が必要とされます。
    当店では、リニューアルにあたり、セキュリティ性と利便性の両方の向上を目指した「鍵と防犯のプロ」ならではのリニューアル案をご提案させていただきます。

  • お取替え時期は15年が目安です

    ①不具合発生率の上昇
    日常のご使用による部品の劣化など、磨耗故障による故障発生率が10年~15年目を境にあがってきます。 一般住宅用のインターホンの場合、風雨に晒されているケースも多く、製品寿命は短くなってきます。


    ②さまざまな不具合が発生します
    経年変化により様々な不具合が発生するだけでなく、最悪の場合、システムダウンにつながる恐れあります。


    ③修理ができない可能性が高くなります
    現在、各インターホンメーカーの補修用性能部品(機器の機能を維持するために必要な部品や基盤)の保有期間は、生産終了後、約7年です。つまり、故障した場合に修理できなくなる可能性が高まります。


    ④資産価値の低下に繋がります
    様々なニーズやセキュリティ性など、時代に合わせた新機能(カラーモニターや録画など)が追加されています。 10年~15年を経過したインターホンでは、資産価値の低下に繋がる可能性があります。

092-452-3500

受付時間:平日9:00~18:00